変更統制管理

SAPシステムランドスケープにおける変更統制

SAPシステムランドスケープにおける変更統制

SAPシステムが多角的に使用されるほど、搭載されたアプリケーションへの変更が増え管理が煩雑になります。一方コンプライアンスが強く求められる中、各プロセスの耐監査性を保つために変更トレーサビリティ(追跡可用性)が必要とされています。

この課題と要求を満たすためSAP Solution Managerには、従来からのCTS/CTS+(拡張移送/修正システム)に加え、cCTS(セントラルCTS)、QGM(クオリティゲート管理)、Transport Analysys/Change Diagnostics(変更診断)、Retrofit(デュアルランドスケープ同期)、そしてChaRM(変更依頼管理)など様々な機能を搭載しています。

これらの機能は、アプリケーションへの変更の要請から、承認、そして最終的な実施(リリース)に至るまでをワークフロー化し、その過程における全ての状況を文書化します。

REALTECHはお客様の要件に沿った変更依頼管理プロセスを策定し、複雑なChaRM環境の構築を支援しています。またお客様のプロジェクトに応じてRetrofitやQGM、その他のツールの活用シナリオを提案し、効果的に活用しプロジェクトを円滑に遂行すべくサポートしています。