SAP Solution Manager 7.2 アップグレードと最新サポートパッケージ適用

最新ソリューションの導入を支援

最新ソリューションの導入を支援

SAP Solution Manager 7.1 以降ユーザインタフェースが改善され、ITサービマネージメントや変更依頼などその機能性が充実し、SAP BIダイレクト接続、SAP HANA適合、クラウドサポート拡張へとその活用の幅も広がっています。

最新版の使用は、その機能性を最大限に活用することと直接リンクし、お客様にとってより快適なツールになることは間違いありません。しかしSAP Solution Managerを導入し最適化すること、また既存ソリューションの改善や拡張のためにSAP Solution Managerをアップグレードすること、それらにかかる作業は想定の範囲を超え大変困難であり、綿密な準備、経験、そして深い知識が必要とされます。

REALTECHはSolution Manager 7.1 Rump-Upベータ版出荷から携わるとともに、SPS(サポートパッケージスタック)やSolution Manager 7.2 といった新しいリリース動向に着目し習熟して、お客様に最新・最適なツールとして還元します。REALTECHコンサルタントの知識と経験で、お客様のSAP Solution Manager導入およびアップグレードプロジェクトを成功へと導きます。