【JAVA】SAP JVMとは

 2011.10.19  リアルテックジャパン

出典が2年前の情報ではありますが、簡潔にまとまっていましたのでご紹介いたします。

出典:http://www.scribd.com/doc/58684297/ALM101

1.SAP JVMは、 Certified JAVA SE 5&6 VMのことで、AS Java環境としてSAP社がサポートするすべてのハードウェア及びOS向けに提供されており、Sun(現Oracle) Hotspot(*注1) VMをベースにSAP社によって拡張されている。

2.他のベンダーへの依存性はなく、SAP社によってビルドされ、かつサポートも提供される。

3.いくつかの機能がSAP社により追加されている。

- Develper向けの機能

・Integrated Profiler backend

・Debugging on demand

・turn on debugging on the fly,no performance impact if no debugging

・Detailed Information for critical Java exceptions

・class cast, no classs definition found, out of memory,・・・Debugging JDK classes

- 保守容易性のための機能

SAPシステムパフォーマンス分析パック
「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入

・Informative thread dumps – includes user name, resource consumption, and lockinginformation 

・Advanced monitoring API – provides thread, memory & cluster related information for the ASJava monitoring tools 

・Extensive garbage collection traces 

・Traces for JVM experts

JVM for servers only server just-in-time compiler, startupcan take more time
 
no sound, no printing, no plug-ins, noJava Web Start
 
no UI support (exception: server centrictools for installation & upgrade)
 
Performance reduction due toextensions
 
~ 5 % compared to Sun HotSpot with alladditional features available

4.その他

SAP JVM is intended to be a JVM for servers only server just-in-time compiler,

・startup can take more time

・no sound, no printing, no plug-ins, noJava Web Start

・no UI support (exception: server centrictools for installation & upgrade)

・Performance reduction due to extensions

・~ 5 % compared to Sun HotSpot with alladditional features available

 

注1Hotspot の由来

<歴史>

その名前はJavaバイトコードを実行する事実から由来する。HotSpotは頻繁に繰り返し実行される「ホットスポット」(にぎやかな地点、熱地点)としてプログラムの性能を絶えず解析する。これらは、性能に重大な影響を与えるコードを標的として最適化を重点的に行い、その他のコードには最小限の最適化でオーバーヘッドを少なくし、高性能な実行を実現する。HotSpotはJava仮想マシンの中でも最高性能が得られると極めて高い評価を得ている。実際にはまれだが、理論上はJava仮想マシンの Adaptive optimization が手書きのC++やアセンブリ言語に勝る場合もある。

<設計>

サンのJREによれば、ホットスポットはクライアント版、サーバ版と呼ばれる二つの互換版からなる。クライアント版は必要不可欠なクラスやメソッドのみを素速くロードしコンパイルするようチューニングする。サーバ版は、よりゆっくりロードを行うが、より高性能な高度に最適化されたJITコンパイル結果を産出することに、より尽力する。

(以上Wikiから抜粋 http://ja.wikipedia.org/wiki/HotSpot)

関連SAP Notes:(下記LINK先閲覧のためには、SAP社Marketplace IDが別途必要です。)

ノート 1495160 - Partner JDK 1.4.2 の代替としての SAP JVM<--重要なNoteです。

以上がSAPJVMの技術概要ですが、BASISコンサルの方にとってSAPJVMといえばなんとなくNetWeaver 7.1以降のイメージが強くて、NetWeaver 7.0だと警戒スイッチをオフしてたりしますよね。SAP JVM 4 は、NetWeaver 7.0 enhancement package 3 に含まれている標準のJDK です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「SAP 用語集」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み