BW Powered by SAP HANAへの移行準備

 2012.04.03  リアルテックジャパン

2012年5月までRamp up中のBW Powered by SAP HANAですが、 Ramp up終盤に差しかかり、いろいろと情報が出てきています。 本記事はその中でExperience SAP HANAのblogからのご紹介です。

HANAでBWを稼働させる場合の前提として、 HANA1.0 SP3 と BW7.3 SPS5以上が必要であることは広く知られていますが 他にも以下の前提があるようです。

分析権限の7.0化

BWのUnicode化

Javaスタックの分離(現システムがABAPとJavaのDual Stack環境の場合)

使用中のBWアドオンのサポート状況

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

Unicode化はHANAへデータを投入する時に変換すればいいので、あまり気にしなくてもいいですね。 

BWアドオンのサポート状況というのは、 現時点では全てのBWアドオンがサポートされているわけではないようで、 BWのアドオンをお使いの場合サポート構成の確認が必要とのことです。

他に変更点としては、

Eのファクトテーブルがなくなる

BW Acceleraterを利用していればBWAは不要になる

があります。

また、データフローが7.xになっていれば、InfoCubeとDSO(Data Store Object)を HANA用のInfoCubeとDSOに変換できるので、さらに性能を向上させることができるようです。

BWを7.0にアップグレードしたお客様でデータフローは3.xのまま運用されているケースがよくありますので 

もし、HANAへの移行を検討されるのであれば、少しずつデータフローの変換をしておくといいかもしれませんね。 

データフローの変換はBW7.0の標準で変換機能がありますので、 複雑なデータフローでなければ変換は機械的に行うことができます。データフローを変換すると、データ転送プロセスの登録とそれに伴うプロセスチェーンの変更が必要になるので、ご注意ください。

GAが待ち遠しいですね。


RECENT POST「データ移行」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み