Kernel 700のサポート終了とKernel 720への更新

 2012.03.05  リアルテックジャパン

3月1日付のSAP ジャパンサポートニュースでもご案内されておりましたが、
2012 年 8 月 31 日でKernel 700、701、710、711 に対するSAP社のサポートが終了します。

これらのKernelをご利用のシステムはKernel 720に更新する必要があります。
注意点としては、Note 1636252にある通り、 NetWeaver 7.0 と NetWeaver 7.0 Ehp1のJavaおよびABAP+JAVA環境には適用できないことです。

Kernel 720には、Kernel 720とKernel 720 EXTがあります。
Kernel 720 EXTは、当初はNetWeaver 7.0 Ehp2、NetWeaver 7.2、NetWeaver 7.3でのみ
利用可能でしたが、現在はNetWeaver 7.0でも利用可能になっています。
表にまとめると以下のようになります。

image

― の箇所は、本記事のトピックであるkernelの更新が不要であることを意味しています。

ERPシステムの運用の中でNetWeaverのバージョンを意識することはないので、 「自社のシステムのNetWeaverのバージョンは何だっけ?」    となる場合があるかもしれません。
その場合は、ERPシステムにSAP GUIでログオンして、 メニューバーの System -> Status をクリックすると表示される画面の 左手中段(SAP System Data)の虫眼鏡のアイコンをクリックしてください。
すると以下のような画面が表示されますのでSAP_BASISの行のRelease列を確認してください。

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

image

これはERP6.0 Ehp5での表示ですが、SAP_BASISは702になっていますので、
NetWeaver 7.02 (NetWeaver7.0 Ehp2)であることがわかります。

ERP6.0の各エンハンスメントパッケージとkernelの関係を表にすると以下となります。

image

実際にKernelをアップデートする手順は、Note 1636252Note 1553301に記載されていますので
ご確認頂くことができます。

上記LINK先を閲覧するためには、SAP社Marketplace IDが別途必要です。

保守期限は、2012/3/5現在の情報に基づいており、これらの情報は随時変更される可能性があります。

ご自身で必ず確認するようにしてくださいね。

長文、最後までお読み頂きありがとうございました。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「技術情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み