Windows AzureのCDP( Cloud Design Patterns )と Symbol/Icon Set

 2014.01.29  リアルテックジャパン

2014/2/20追記

Windows Azure Symbol/Icon Set が公開されました。

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=41937

2014年1月版ということで最新です。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsazure/dn568099.aspx

現時点で24のデザインパターンが公開されており、今後の展開が楽しみです。

Azure CDPならではの特徴として、サンプルのコード(C#)が提供されており、いわゆるInflastructure as  Code の世界です。

下記からダウンロード可能です。(Publish Dateが2014/1/27なので最新ですね。)

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=41673

今まで手順書ベースで展開していたインフラ構築作業そのものがソースコードとして提供され、手作業と比べてミスなく効率的に展開することができるとともに、ソースコードがバージョン管理されることで以前の状態に簡単に戻すこと可能になるという世界です。

上記からZIPファイルをダウンロードして、中身をみてみました。

下記は、pipes and filters pattern のREADMEですが、ローカルPC上のAzureエミュレータ環境でも、直接Azure上でも動作できるとあります。

=======

Summary

This sample code demonstrates the pipes and filters pattern.  Two filters which would perform some processing of a task through a pipeline are implmented in seperate worker roles.  The sample is implemented to use Windows Azure Service Bus queues as the pipes.

SAPシステムパフォーマンス分析パック
「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入

This requires access to Azure Subscription

How to run sample:

- Provisioned Windows Azure Service Bus Namespace

- Provisioned Windoes Azure Clouds Service if you are going to deploy it to Azure

-Update the 'ServiceBus.ConnectionString' setting from "[SERVICE BUS CONNECTION STRING]" to the Service Bus Endpoint in the files:

        - ServiceConfiguration.Cloud.csfg  to run in Azure

        - ServiceConfiguration.Local.csfg  to run in the Azure Emulator

- Do this for all four PipesAndFilters.Cloud Roles.

- You can manually update files or by property page by right-clicking on each of the 4 roles.

-Run it in F5 in the Local Azure Emulator

-Run it by deploying it to Azure Cloud Service

What to Examine:

-Locally

 - Open the Azure Emulator

 - Follow the work via the Diagnostic information logged by the code Trace.TraceInformation method.

-Cloud

- Open the Server Explorer Window in VS and open the Windows Azure Explorer

       - Open up the deployed "[YOUR]".Web Service

        - Right Click on the role instance and select "View Diagnostice Data"mation method

せっかくなので、本物のAzureで実行してみたいと思います。

といってもVisual Studio上でビルドしてAzureに接続した後に発行するだけです。

ちなみに、見た目はこんな感じです。

vs-azure-exec.png

 

まもなく、VM作成が始まります。

下記画面では途中で止めたので停止中になっていますが、ほっとけば勝手にサービス構成まで自動で作成してくれます、すばらしいです。

cdp-pipe-and-filters.png

本日はここまでですが、これを味わうために必要なものはVisual Studioです。詳細の要件はこちらのSystem Requirementで見てくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「技術情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み