【NW7.0 EhP2】Host AgentのWebサービス

 2011.04.12  リアルテックジャパン

過去3回に渡り、下記のトピックで取り上げておりましたが、今回は最終回としてHost AgentのWebサービスです。

【NW7.0 EhP2】SAPOSCOLが消えた! SAP NW Management Agents登場

  【NW7.0 EhP2】Host Agent の導入方法 

  【NW7.0 EhP2】Host Agentのパッチ適用手順 

Host Agentは二つのサービスから成り立っていますが、その機能を大まかに書きますと、以下のようになります。

   SAPHostControl:Host Agentと外部とのやりとりを担う。
   SAPHostExec:Host Agent自体の管理

今回は、SAPHostControlの役割である、Webサービス経由による外部とのやりとりについて書きます。
Host AgentではSAPシステムに対する様々な管理機能を、SAPHostControl によるWebサービスを経由して提供しています。

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

SAPHostControl-WebService.png

本当はWebサービス経由での呼び出し方法を例として挙げたかったのですが、今回は時間が無いのでコマンドラインからHost Agentの機能を利用してデータベースの状態を取得する例をご紹介します。

以下のコマンドを実行することでデータベースの状態を取得することができます。

SAPHostControl-func-cmd.png

実際にコマンドを実行した際の例は下記のようになります。

SAPHostControl-func-cmd_sample.png

このようにWebサービスのMethodベースで様々なSAP管理機能が提供されています。

ご興味のある方は、以下のコマンドで利用可能な機能の一覧を出力することができますので、是非確認してみてください。

SAPHostControl-help.pngHost Agentの説明はここまでとなります。

計4回にわたり、SAP NetWeaver Management Agentsの説明をして参りましたが、概要はご理解いただけたでしょうか?

Adaptive Computing,Web Serivce など幾つかキーワードが出て参りましたが、SOA時代のSAP Monitoring フレームワークの変更という形で表に出てきたという点では、大変興味深い内容かと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

REALTECH - SAP Competence Center

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「SAP情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み