【NW7.0 EhP2】Host Agentのパッチ適用手順

 2011.04.04  リアルテックジャパン

前回、前々回と下記のトピックで取り上げておりましたが、今回は続編としてHost Agentのパッチ適用手順です。

【NW7.0 EhP2】SAPOSCOLが消えた! SAP NW Management Agents登場
  【NW7.0 EhP2】Host Agent の導入方法 

HostAgentは「SAPHostControl」と「SAPHostExec」のサービスから構成されています。まずは、それぞれのサービスの構成パラメータを見てみましょう。

SAPhostControl.pngSAPhostExec.png

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

見ていただけるとわかると思いますが、saposcol.exeを含め、Host Agentに関連する全てのファイルがCドライブのHost Agent用のフォルダにインストールされます。これにより、SAPOSCOLのパッチ適用手順が以下のようになります。

①SAPHOSTAGENTxxx.SARのダウンロード
②SAPHOSTAGENTxxx.SARのを一時ディレクトリに解凍
③コマンドプロンプトを開き一時ディレクトリに移動
④コマンド「saphostexec  –upgrade」を実行
以上でHost Agentのパッチの適用手順は終わりです。コマンドの実行結果例は以下のようになります。

Mgmt_agent_up_cmd_sample.png

今回は以上となり、次回は下記のトピックを取り上げたいと思います。

【NW7.0 EhP2】Host AgentのWebサービス

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

REALTECH - SAP Competence Center

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「SAP情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み