SQLServer 2014を使う場合のSAP ERP対応バージョン

 2014.05.20  リアルテックジャパン

来年に向けて、ハードウェアの保守切れ等によるインフラ更改を検討されている方は、SQLServer 2014ベースでSAP ERPを稼働させることが検討課題になりそうです。

2014のQ3にGAが計画されている SQLServer 2014ベースのSAP稼働条件について、本記事執筆時点(2014/5/20)の最新情報をまとめてみました。

正確なところは、下記のNoteを必ず参照して頂くとして、現時点ではまずは雰囲気をお伝えできればというところです。

主要Note

下記LINK先を閲覧するためには、SAP社 Marketpiace IDが別途必要になります。

・1966681 - Release planning for Microsoft SQL Server 2014

・1966701 - Setting up Microsoft SQL Server 2014

対応OS

・Windows Server 2012

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

・Windows Server 2012 R2

SAPサポート時期

・2014 Q3 初期

NetWeaver稼働条件

参考までに上記のNoteにある前提情報一覧に、弊社のほうでERPのリリースとBASISのリリースを付けてみました。

少しは分かりやすくなったでしょうか。;)

下記の画像をクリックすると大きく表示できます。

sqllist.png

ざっくりとした対応方針としては、①721_EXT下位互換カーネルに上げる前提で、NetWeaverは現行バージョンベースに必要最低限のSP当てるか、②NetWeaver7.4ベースに上げるかの大きく2択になるかと思います。

注意点としては、SMIGR_CREATE_DDLでSQL2014用DDLを生成するためには、Note.1984903 の適用が必要です。

上記Minimum SPでは含まれていません。

実際には、これらの情報以外にも製品毎とか、細かくNoteに書かれていますので、そちらを参照してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「SAP情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み