【事例紹介】日本航空様T-Boneツールによる超短時間SAPシステム移行

 2016.02.25  リアルテックジャパン

今回の事例は、ダウンタイム4時間が絶対条件の中、T-Boneツールを使う事によってSAPバージョンアップのデータ移行を3時間16分で完了した「日本航空株式会社」様の事例となります。

詳細はブローシャをご参照頂くとして(下記イメージをクリック)、ここでは目次をご紹介いたします。

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

jirei01.jpg

1. 航空機整備システム[JAL Mighty]の移行を依頼
2. 日本航空の安全安定就航を支える[JAL Mighty]導入の重要ポイント
3. ダウンタイムは4時間以内が絶対条件
4. リアルテックを選択した理由
5. プロジェクト事前準備の概要
6. プロジェクト本番当日の進行
7. リアルテックへの評価
8. 先輩ユーザーからのアドバイス
【T-Boneの用途例】SAP HANAへの移行等
9. 今後の期待

最後になりましたが、今回事例紹介をご快諾頂きました日本航空株式会社様にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「S/4HANA」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み