SAP製品名からNetWeaverの表記が消える。

 2014.06.11  リアルテックジャパン

NetWeaver製品そのものがなくなるという話ではなくて、SAP NetWeaver hub Prodctと

呼ばれるERPを取り巻く幾つかの製品名の表記が改められるという話です。

主だったところでは、こんな感じです。

SAP NetWeaver Business Warehouse       → SAP Business Warehouse

SAP NetWeaver Portal                                        → SAP Enterprise Portal

SAP NetWeaver Composition Environment → SAP Composition Environment

SAP NetWeaver Gateway                                   → SAP Gateway

その他の新旧名称の対比は、上記LINK先をご覧ください。

SAP NetWeaver Branding Simplification

 
上記LINK先閲覧のためには、SAP社のMarketplace IDが必要になります。

改名の背景としては、統合技術プラットフォームとしてSAP NetWeaverが登場してから

10年以上が経過し、世界中に1万以上のミッションクリティカルなSAP環境に導入された

ということで大きな成功を納めた。

最近ではBWがHANAと一緒に稼働させることで、HANAプラットフォームの主要なパー

ツとなったりと、要はSAPの製品の技術プラットフォームとしてNetWeaverとHANA2つ

ある、その見栄えが課題になっていたようです。

現場目線ではNetWeaverにBWが包含されてしばし時間が経っていますが、NW BW

とかのややこしい表記はなくなりお馴染みのBWで今後もいいと思いますし、Portalも

昔に戻ってEPなので、訳知りの業界人にとっては昔に戻った感じです。

ただ、NetWeaver Gatewayはようやく知名度が出てきたところなので、これが SAP

Gateway という一般的すぎる名前になるので、これはちょっと混乱しそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


RECENT POST「SAP 用語集」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!