【SAP on Azure】東京:ERPパフォーマンス測定結果

 2014.06.05  リアルテックジャパン

一週間前に【速報】SAP on Microsoft Azure 稼働認定OK!でお約束しておりました本件、下記の通りです。

実際にAzureでSAPを利用するにあたって、どのくらい快適なのか、どのくらいまで負荷をかけられるのかについての定量的な情報がどこにもありませんでした。そこで、Azure上でSAPを動作させたらどのくらいの負荷まで耐えられるのかをSD Benchmark driverを使ってテストしてみました。(現時点でこの情報は世界中どこにもないです、きっと。)

今回は最速のベンチマークを実施することが目的ではありません。

ユーザ様のごく一般的な活用を想定して、あえて素の設定で特別なことをなにもせずにどれくらいでるのかです。

ー測定環境概要

sdbench-on-Azure.png

ーAzure 仮想マシンタイプ

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

下表の上がERPサーバ、下がベンチマークドライバを稼働させた仮想マシンです。

sdbench-spec-on-Azure.png

ーソフトウェア構成

繰り返しになりますが、最速のベンチマーク構成ではなくて、ごく一般的な構成でチューニングなしでどこまででるかが今回知りたいところなので、汎用的な構成になっています。

Azureぽいところは、VHDの最大数が仮想マシンタイプごとに決まっているので(A5だと最大4つまで)、Windows 2012の記憶域プールを使って一旦VHDを束ねた上で、その上に論理ドライブを作成している位です。

sdbench-spec2-on-Azure.png

ー測定結果

ざっくり1 SDユーザ = 5 SAPS で計算した結果、190 * 5 = 950 SAPS

下記URLに記載のSAPS値計算式で計算した結果、

http://global.sap.com/solutions/benchmark/benchresults/benchresults.html

ダイアログステップ数 / hour : 64793.57 * 100 / 6000 = 1,080 SAPS

A5の机上SAPS値が、下記の通りですので、初期インストのままでまったくチューニングせずに机上の7割が出ていますので、良好な結果と思います。

VM Type VM Size SAPS
   A5 2 CPU, 14 GB 1,500

「いけてます、Azure!」

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「クラウド」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み