2016年1月からInternet ExplorerのMSサポートは最新版のみ

 2014.08.11  リアルテックジャパン

先週8/7にMSDN Blogでこちらの記事が公開され、すでに各種プレスに取り上げあられています。

ポイントは2016年1月12日からIEのサポートサイクルが変更となり、下記の組み合わせのみがMS社よりサポートされる予定とのこと。

ie-support-matrix-140811.png

IE 11には後方互換モードである「エンタープライズモード」が準備されているので、古いIEに最適化したレガシーなWebアプリはこちらを使うことになります。

エンタープライズモードのサポート期限が気になりますが、同時に下記の通り発表されています。

SAPシステムパフォーマンス分析パック
「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入

つまり、OSのライフサイクル期間内はエンタープライズモードによるサポートが提供されるということです。

(例;Windows 7の場合、2020年1月14日までエンタープライズモードがサポートされる。)

Today we are announcing that Enterprise Mode will be supported through the duration of the operating system lifecycle, to help customers extend their existing Web app investments while staying current on the latest version of Internet Explorer.On Windows 7, Enterprise Mode will be supported through January 14, 2020. Microsoft will continue to improve Enterprise Mode backward compatibility, and to invest in tools and other resources to help customers upgrade and stay up-to-date on the latest version of Internet Explorer.

最後にIEのエンタープライズモードにおけるSAPサポートについては、下記のNoteに明確な記述がありますので直接参照してください。

(日本語は本記事執筆時点で古くなっておりましたので、英語版Masterで随時最新を参照することをお勧めします。)

1903267 - Browser: Internet Explorer 11 Release Notes

上記LINK先閲覧のためには、SAP社Marketplace IDが別途必要になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「技術情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み