【SAP on AWSサポート要件】重要:AWS Data provider for SAPの導入

 2013.01.17  リアルテックジャパン

2012年の冬からSAP on AWSの環境でSAP社及びAmazon Web Service社の両方からフルサポートを受けるためには、AWSのインフラ情報を収集し、それをSAP上から確認できる状態にしなければならないという前提要件が追加されました。

本前提条件をクリアするためにはモニタツールの導入が必要になります。

早速AWS上で稼働しているSAPシステムでモニタツールを導入し、Enhanced Monitoringを有効化してみましょう。

■参考SAP Note

ノート 1656250 - SAP on AWS: Support prerequisites

ノート 1409604 - Windows での仮想化: 拡張された監視

上記LINK先閲覧のためには、別途SAP社のMarketplace IDが必要です。

■前提条件

1, Enhanced Monitoring対象のEC2インスタンスから、インターネット環境にアクセスできること。

(Amazon CloudWatch と Amazon EC2 APIからパフォーマンスメトリックを取得するため)

2, EC2をLaunchする時に完全に有効化するので、既にSAPが稼働しているEC2には有効化できません。

(そのうち、既にLaunch済みのEC2にも有効化できるようになるのかもしれません。)

■設定の流れ

1, SAP Host Agent リリース720 or 720_EXT のPatch Level 127以上をインストールします。

SAPマーケットプレイスからHost AgentのSARファイルをダウンロードして、

"sapcar –xvf filename.sar"で展開します。

展開したフォルダから、"saphostexec -upgrade" (新規インストール時は"saphostexec -install")を実行します。

2, AWS Data Provider for SAPをインストールします。インストーラは以下URLからダウンロードします。

https://s3.amazonaws.com/aws-data-provider/bin/aws-agent-installer-win-x64.exe

インストールは、ダウンロードしたファイルを実行するだけです。

インストールが完了すると、AWS Data Provider for SAPサービスが登録されます。

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

3, AWS Identity and Access Management Role (IAM Role)を作成します。

AWS Management ConsoleでIAM → Roles → Create New Roleをクリックします。

Role Nameを決めます。

ここではAmazon EC2を選んでいますが、目的に合わせてTypeを選択します。

Custom Policyを選びます。

Policy Nameを決め、Policyの内容を定義します。

Policyの内容はこんな感じです。

{

"Statement": [

        {

            "Effect": "Allow",

            "Action": [

                "EC2:DescribeInstances",

                "EC2:DescribeVolumes"

            ],

            "Resource": "*"

        },

        {

            "Effect": "Allow",

            "Action": "cloudwatch:GetMetricStatistics",

            "Resource": "*"

        }

    ]

}

確認して、Create Roleします。

4, EC2インスタンスをシャットダウンし、AMIイメージを作成します。

5, 作成したAMIからEC2インスタンスを作成します。

その際、先ほど作成したIAM RoleをそのEC2インスタンスに割り当てます。

また、Detailed Monitoringも有効化します。

■確認してみましょう

AMIから作成したEC2インスタンス内にあるSAPを起動し、SAP GUIでログオンします。

トランザクションコードOS07Nを実行すると、AWSインフラ情報が見えるようになりました!

モニタリングカテゴリ

テキスト

単位

 

製造業者

Xen

 

 

モデル

HVM domU

 

情報

オペレーティングシステム

Windows NT 6.1.7601 SP 1

 

情報

タイムスタンプ

Wed Jan 16 14:16:35 2013

 

情報

ホスト名

solpoc01

 

仮想化設定

Cloud Provider

Amazon Web Services

 

仮想化設定

Cloud Instance Type

m1.xlarge

 

仮想化設定

Data Provider Version

1.0.0

 

仮想化設定

Enhanced Monitoring Status

ACTIVE

 

仮想化設定

Virtual Machine ID

XXXXXXX

 

仮想化設定

ソリューション

Xen

 

仮想化設定

ソリューションバージョン

XXXXXXX

 

仮想化設定

Last Hardware Change

Wed Jan 16 13:48:32 2013

 

仮想化設定

Last Refresh Time

Wed Jan 16 14:16:05 2013

 

仮想化設定

Refresh Interval

60

s

CPU

システムコール

82.626

/s

CPU

中断

1.227

/s

CPU

平均待機プロセス数 ( 1 分)

0,00

 

CPU

平均待機プロセス数 ( 5 分)

0,00

 

CPU

平均待機プロセス数 ( 15 分)

0,03

 

CPU

コンテキスト切替

3.928

/s

CPU

使用率

26

%

CPU

I/O 待機

0

%

CPU

システム使用率

7

%

CPU

ユーザ使用率

19

%

CPU

アイドル

74

%

CPU

CPU 数

4

 

CPU

論理 CPU 数

4

 

CPU 仮想化ホスト

Overprovisioning

no

 

CPU 仮想化ホスト

プロセッサ

Intel(R) Xeon(R) @ 2111MHz

 

CPU 仮想化ホスト

Number of Cores per Physical CPU

4

Core

CPU 仮想化ホスト

Number of Threads per Core

1

Thds

CPU 仮想化ホスト

Current Processor Frequency

2.111

MHz

CPU 仮想化ホスト

最大プロセッサ周波数

2.111

MHz

CPU 仮想化における仮想システム

Physical Reference Compute Unit (CU)

ECU: 1.0-1.2 GHz 2007 Opteron or Xeon

 

CPU 仮想化における仮想システム

CPU Physical Equivalent

core @ 2CUs

 

CPU 仮想化における仮想システム

保証容量

4,00

CPUs

CPU 仮想化における仮想システム

消費された保証容量

27,0

%

CPU 仮想化における仮想システム

消費された能力

1,08

CPUs

CPU 仮想化における仮想システム

追加の使用可能能力

2,92

CPUs

CPU 仮想化における仮想システム

利用可能な能力

4,00

CPUs

CPU 仮想化における仮想システム

消費された利用可能能力

27,0

%

CPU 仮想化における仮想システム

最大容量

4,00

CPUs

メモリ

物理メモリ

15.728.248

KB

メモリ

構成スワップサイズ

36.697.916

KB

メモリ

空きスワップサイズ

14.401.432

KB

メモリ

最大スワップサイズ

20.971.520

KB

メモリ

実際のスワップサイズ

20.971.520

KB

メモリ

空き

62

%

メモリ

ページイン数

5

Pg/S

メモリ

ページアウト数

0

Pg/S

メモリ

ページイン

20

KB/s

メモリ

ページアウト

0

KB/s

メモリ

ページイン RAM

0

%/h

メモリ

ページアウト RAM

0

%/h

メモリ仮想化ホスト

Overprovisioning

no

 

メモリ仮想化ホスト

Network Read Throughput

1

kB/s

メモリ仮想化ホスト

Network Write Throughput

1

kB/s

メモリ仮想化ホスト

Network TCP Retransmission Rate

0

/s

メモリ仮想化ホスト

lan0\Network Device Id

XXXXXXX

 

メモリ仮想化ホスト

lan0\Minimum Network Bandwith

1.000

Mbps

メモリ仮想化ホスト

lan0\Maximum Network Bandwith

1.000

Mbps

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Id

XXXXXXX

 

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Utilization

0,6

%

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Guaranteed Disk IOPS

100

 

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Queue Length

0

 

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Read Response Time

0

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Write Response Time

3

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Read Throughput

14

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Write Throughput

10

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Read Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdg\Volume Write Ops

2

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Id

XXXXXXX

 

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Utilization

0,0

%

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Guaranteed Disk IOPS

100

 

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Queue Length

0

 

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Read Response Time

0

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Write Response Time

0

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Read Throughput

0

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Write Throughput

0

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Read Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdf\Volume Write Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Id

XXXXXXX

 

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Utilization

0,0

%

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Guaranteed Disk IOPS

100

 

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Queue Length

0

 

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Read Response Time

0

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Write Response Time

2

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Read Throughput

0

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Write Throughput

3

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Read Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdi\Volume Write Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Id

XXXXXXX

 

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Utilization

3,3

%

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Guaranteed Disk IOPS

100

 

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Queue Length

0

 

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Read Response Time

81

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Write Response Time

0

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Read Throughput

25

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Write Throughput

0

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Read Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdh\Volume Write Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Id

XXXXXXX

 

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Utilization

0,0

%

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Guaranteed Disk IOPS

100

 

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Queue Length

0

 

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Read Response Time

0

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Write Response Time

0

msec

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Read Throughput

0

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Write Throughput

0

kB/s

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Read Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

xvdp\Volume Write Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Id

XXXXXXX

 

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Utilization

0,4

%

メモリ仮想化ホスト

disk0\Guaranteed Disk IOPS

100

 

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Queue Length

0

 

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Read Response Time

44

msec

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Write Response Time

1

msec

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Read Throughput

1

kB/s

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Write Throughput

3

kB/s

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Read Ops

0

/s

メモリ仮想化ホスト

disk0\Volume Write Ops

0

/s

メモリ仮想化における仮想システム

保証メモリ

16.105

MB

メモリ仮想化における仮想システム

利用可能メモリ

16.105

MB

メモリ仮想化における仮想システム

消費された使用可能メモリ

37,0

%

メモリ仮想化における仮想システム

Maximum Memory

16.105

MB

メモリ仮想化における仮想システム

Memory Swapin Rate

0

kB/s

メモリ仮想化における仮想システム

ページアウトメモリ

0

MB

メモリ仮想化における仮想システム

Memory Lent

0

MB

応答時間が最大のディスク

名称

4 F:

 

応答時間が最大のディスク

使用率

11

%

応答時間が最大のディスク

作業

1

/s

応答時間が最大のディスク

転送率

78

KB/s

応答時間が最大のディスク

応答時間

170

ms

応答時間が最大のディスク

平均待ち時間

85

ms

応答時間が最大のディスク

平均サービス時間

85

ms

応答時間が最大のディスク

キュー

1

 

LAN (サマリ)

受信パケット数

7

/s

LAN (サマリ)

送信パケット数

6

/s

LAN (サマリ)

衝突回数

0

/s

LAN (サマリ)

受信エラー

0

/s

LAN (サマリ)

送信エラー

0

/s

LAN (サマリ)

パケット

13

/s

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「クラウド」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み