【SAP on AWS】リージョン間AMIコピー機能でERPを起動してみた

 2013.03.25  リアルテックジャパン

AWS社から、AMIのリージョン間コピーができるようになったとの発表がありました!

【AWS発表】EC2のAMIをリージョン間でコピー可能に

待ちに待ったリージョン間コピー、DRの設計が変わりそうです。

まずはやってみようということで、ERPの環境のAMIをリージョンを跨ってコピーした後、ERPの起動までをやってみました。今回は東京リージョンにあるAMI(Windows, SAP ERP IDES環境)をなんとなく近そうな;) シンガポールリージョンにコピーします。名前とかは適当です。

amicopy01.png

amicopy02.png

コピーすると、新しいAMIのIDがつきます。

amicopy03.png

シンガポールリージョンのAMI画面で、せっせとAMI(実態はスナップショット)がコピーされていきます。

コピー完了するまでは、OSが何かは分からないみたい。

Other Linuxってなってる。

amicopy04.png

コピーが終わった!OSもWindowsって分かってる!!

amicopy05.png

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック
実際のデータのEBSスナップショットのコピーもできてます。

ちなみに、コピー開始してからコピー完了するまで、約3時間半かかりました。

(Startedの時間と画面下のタスクバーの時間の差。データ量は190GB。)

この時間をなんとか縮めたいところです。

amicopy06.png

早速、コピーしたAMIからEC2インスタンスを起動!!

amicopy07.png

今回はコスト削減ということで、スポットインスタンスで…

amicopy08.png

今回はUser Dataへの仕込みはなしです。

amicopy09.png

EBSもそのまま。

amicopy10.png

Windowsでパスワードはわかってるので、Key Pairはなしで。

amicopy11.png

Security Groupもdefault。RDPだけ追加してます。

amicopy12.png

最後に確認して、Submit。

amicopy13.png

これでちょっと待つ。

amicopy14.png

5分くらいすると、リクエストしたEC2インスタンスができました!!

amicopy15.png

SAP ERPも起動して、SAP GUIでログオンできるかどうかも確認しました!

ちなみに、ハードウェアキーが変わるので、今回はライセンスを取り直して再インストールしています。

amicopy16.png

今回は、AWS Management ConsoleからGUIでやりましたが、

もちろんコマンドラインツール(AWS SDK for Javaとか.NETとか)からでも同じことができますよ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「クラウド」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み