【Transport Manager】#3:かゆいところに手が届くSAP移送承認フローの実現

 2011.09.16  リアルテックジャパン

theGuard! TransportManagerの利用についてご紹介するのも今回で3回目です。

今までの事例(ちなみに1回目はこちら、2回目はこちら)で、どれだけこの現場の(オペレータ君)はおっちょこちょいなのよ。うちの会社ではありえない!」とおっしゃる皆様も、もうしばらくおつきあいくださいませ。

TransportManager(TM)では、移送依頼の内容が適用させるべきものか判断する「内容承認者」と、システムが移送を行ってよいか判断する「技術承認者」を定義できます。

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

前者が(アプリ長さん)だったり(業務部門長)さんだったりするのに対し、後者を(Basisコンサル君)など日ごろのシステム監視者にしておくと便利です。"承認"されないままの移送依頼は、もちろんインポートされません。

下記が承認フローの一例で、「移送レベル」は、どの環境まで移送してよいかを指定します。

031.png

また、前回ご紹介したように「インポートをスケジュール」して自動化することができますが、「その時間をキャンセルする」とか「他の時刻に設定する」なども簡単に行うことが出来ます。事前にスケジュールが把握できていれば楽ですね。

どんなフローも通達が大事ですが、それをメールでやりとりすると「誰に送ればいいの?」なんてことにもなりがちです。TMを介して、承認やスケジュールといった自分の持ち場をがハンドルし、それぞれ細かなメールのやりとりをせずともうっかりミスが防げたりします。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「移送管理」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み