システムで自動生成されたRFC宛先を編集するには:SM59/TOGL

 2009.12.15  リアルテックジャパン

いざというとき役に立つかもしれないt-cdで、あまり知られてなさそうなマニアックなものを少しずつご紹介したいと思います。

そんなの知っている!という方は笑ってスルーしてください。;)

SM59ではRFC宛先の管理ができますが、システムで自動生成されたRFC宛先(TMSADM@・・・・など)は編集ができません。

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

こんな感じで変更ボタンがない。

SM59.jpg

しかしトランザクションコードの入力欄に「TOGL」を入力しEnterで編集が可能になります。

使用例としては、リリース7.0のクラスタ構成の場合、デフォルトではホスト名がローカルホストとなっており、フェールオーバーした場合に対応できていませんので、メッセージサーバ(仮想ホスト)経由の接続に変更する必要があります。現在はTMS_MGR_LOADBALANCINGというレポートプログラムがあるので不要かもしれませんが、何かと重宝します。

上記LINK先の閲覧には、SAP社Marketplace IDが別途必要になります。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「技術情報」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み