SAP ERP 6.0 EHP4 ready kit とは

 2010.03.02  リアルテックジャパン

Q:ERP6.0 EHP4 Ready kit にある Installation Export を使って新規インストールすると、すぐに EHP4 が適用済の環境が構築できますか?

A: いいえ。
SAP ERP 6.0 EHP4 は新しいソフトウェアコンポーネントを選択してインストールすることがサポートされており、お客様自身のビジネスや、システムのロールによって異なるテクニカルユーセージ(*注)をインストールすることになります。つまり、全てのテクニカルユーセージを網羅する Installation Export は提供されません。
"SAP ERP 6.0 EHP4 ready" のメディアセットには、EHP4 インストール時に必須のソフトウエアコンポーネントのみが含まれており、基本的にはSAP NetWeaver 7.0 EHP1 と EHP4 特有の幾つかのソフトウェアコンポーネントを指しています。 なお、Productive システムに対して EHP4 のテクニカルユーセージを適用することなく、"SAP ERP 6.0 EHP4 ready" だけインストールされた状態で使用することは許されていませんのでご注意ください。
出典: Installation of SAP Enhancement Package 4 for SAP ERP 6.0 Technical FAQ

*注:テクニカルユーセージとは、インストールする必要のある有効なソフトウエアコンポーネントセットを指します。Solution Manager のメンテナンス・オプティマイザーにより現在のシステム・ステータスと選択したテクニカルユーセージに従って、該当するインストールパッケージ(サポートパッケージが含まれる可能性あり)が自動的に特定されます。
出典:IT プロフェッショナル向けSAP enhancement package for SAP ERP

「theGuard! SmartChange Transport Management」 導入
SAPシステムパフォーマンス分析パック

Q:ERP6.0 EHP4 Ready kit にある Installation Export を使ってできる環境を一言でいうと?

A: NetWeaver 7.01 SPs3 + ERP6.0 SPs15の環境に相当します。

Q:ERP6.0 EHP4 はどこに入っていますか?

A:EHP4 Ready KitのInstallation ExportやUpgrade Exportに SAP_APPL604 のようなEHP4のコンポーネントは含まれていません。 EHP4のコンポーネントは別のDVDメディアにインストールパッケージとして格納されています。インストールパッケージとは、コンポーネント単位のSARアーカイブのことです。

Q:導入作業で説明するとどうなりますか?

A:新規にERP6.0のEHP4をインストールするためには、EHP4 Ready Kitをインストールした後、EHP Installer(EHPI)を使用して、EHP4のインストールパッケージを適用する必要があります。つまり、新規インストールの場合、2ステップの作業が必要となります。 ERP6.0より前のリリースからERP6.0のEHP4へアップグレードするためには、EHP4 Ready KitのUpgradeキットを使用します。アップグレードの中に、EHP4のインストールパッケージを含めることができるので、新規インストールと違い1ステップで作業を完結できます。

SAPユーザのための 『S/4HANA』データ移行

RECENT POST「SAP 用語集」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
Archive Migration Service (アーカイブ移行リモートサービス)
オフィシャル採用ブログ『RTFrontier』はこちらから!

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ブログ購読のお申込み